理想の家の建築様式

こだわりたいなら注文住宅!

多くの人にとって家を買うことは、人生で一度の買い物であり夢でもありますよね?
いろんなところに工夫を凝らして、自分の理想に近づけたい。家で何気なく過ごす時間を、毎日の生活を、素敵なものにしたい。そんな方には、注文住宅をおすすめします。
注文住宅とは、新築住宅のうち建築仕様から間取り、外観・内装といった建物の在り方から細部のデザインまで、建築依頼者が建築家と計画する建築方法です。また、注文住宅にも住宅におけるすべてを決定できるフルオーダー住宅と、ある程度仕様の決まっているセミオーダー住宅があります。注文住宅は建築依頼者の趣味・嗜好を自由に取り入れることで、世界に1つだけの住宅にできます。しかしその分、時間や費用が分譲住宅と比べてとてもかかることに注意が必要です。


住宅の様々な建築様式

「注文住宅で自分の理想の家を造るぞ」と言っても建築のことに少しは知識がないと、自分の中で理想の家をイメージできませんし、相手に伝えることもできません。そこで住宅を建てる上で重要となってくる、建築様式について紹介します。建築様式とは、簡単に言うと建築物の骨組みの組み方からデザインの仕様のことです。
日本の住宅で一般的な仕様は、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造です。木造は主に在来軸組工法と枠組壁式工法に分かれます。木のぬくもりを肌で感じたいという方には在来軸組工法、短い工期で躯体は簡単で良いという方には枠組壁式工法がいいでしょう。モダンなデザインで重厚感を求める方には鉄筋コンクリート造、武骨さを求めるなら鉄骨造が良いでしょう。それぞれの仕様にはメリット・デメリットが存在します。専門の方とよく相談して、理想の住宅を手に入れましょう。