妻の譲れないこだわり

ベタですがキッチンは妻の城

最近は料理をする男性も増えていますが、注文住宅を購入するご家庭の奥様は特にキッチンにこだわりを持つ場合が多いでしょう。
キッチンはビックリするほどこだわれる要素が多いのです。まずは見た目で色やテイスト・取っ手の形など。作業のしやすさからアイランド型にするのかカウンターキッチンにするのかといったキッチンの形体。身長に合わせて作業台の高さを変える、蛇口や浄水器・食洗機やコンロといったパーツを国内メーカー品にするのか輸入品にするのか、更にどういった性能の物を取り付けるのか。
他には、自分のオリジナル感を出すために壁面をカラフルなタイルで彩ってみるなど、こだわり始めたらキリがありません。注文住宅を購入できるご家庭は一般よりも住宅資金に余裕があるとはいえ全ての希望を叶えるのは難しいので、優先順位をつけて各項目を採用していきましょう。


家事導線にこだわると日々が楽になる

家事導線にこだわると、家の中の移動距離がぐっと短くなります。
例えば洗濯については洗濯機スペースと物干しスペースを近くにする、洗濯機置き場に室内干しのポールを設置すると移動が短くなります。洗濯機スペースとアイロンがけのスペースが近くにあると流れで作業が出来ます。
買い物から帰ったらすぐに購入品を仕舞えるスペースがあったり、バッグやコートなど外出時に必要なものを置くスペースが玄関のそばにあったりすると便利です。
掃除については掃除機のためのコンセントが複数個所にあると頻繁にコードを差し替えらえるので、家具にコードが引っかかったりしません。掃除機を入れる物入れに充電式掃除機用のコンセントがあると充電が終わった掃除機を物入れに移動させる手間が省けます。
それぞれの移動距離は少ないですが、年単位で考えると結構な距離になるのは想像に容易です。

一生に一度の大きな買い物、こだわりで素敵な家が出来るといいですね。

一戸建てを購入したいと検討しているなら、注文住宅がおすすめです。バリアフリーなど、こだわりの条件を実現します。