その他の家族の譲れないこだわり

子どもがいる家庭におすすめ

家族みんなが快適に過ごしたいなら、注文住宅を選択しましょう。その理由は、家族構成に応じて、自由に間取りやインテリアを決めることが可能だからです。子どもがいる家庭におすすめしたいのは、子ども専用の部屋を一つ用意することです。子どもの自立心を養うことができますし、自分で片付けるチャンスになります。複数の子どもがいるならば、幼い間は一つの部屋を共同で使う方法は有効です。自分だけの部屋を欲しがるようになったら、新たに壁で仕切ってあげましょう。独立心が芽生えるきっかけになります。また、玄関からまっすぐ子ども部屋へ向かうよりも、キッチンやリビングを経由する設計が適しています。家族間のコミュニケーションが生まれます。


高齢者と暮らしているならば

家族に高齢者がいる場合には、バリアフリーを導入して安全を確保しましょう。注文住宅ならば、細かい要望に応じることができますので、理想的なバリアフリーを実現します。まずは、どのようなバリアフリーを導入したいのか、具体的に検討することがポイントです。おすすめしたいのは、廊下に手すりを設置する方法です。移動がスムーズになりますので、部屋から出ることが億劫になりません。また、廊下と部屋の段差を解消することも大事です。転倒予防に繋がるからです。さらに、浴室の床は滑りにくい素材にしましょう。浴槽に手すりをつけると入浴しやすくなります。尚、トイレに行きやすいように配慮することも重要です。高齢者の部屋とトイレを近くにすれば安心です。

新築一戸建てと聞くと高価なイメージがありますが、その土地の地価などによって大きく変わってくるんです。